ワルツ

コロネットBII

Walz / CORONET B model II

 セレン光電池を使用したコンパクトな反射光式露出計で,専用のブースターを装着可能になっている。コロネットB model IIは,3枚目の画像のように,本体と専用ブースターがセットになったパッケージになっている。

 「アサヒカメラ年鑑」1957年版に掲載された広告では,「新発売」として記載されている。「新型ブースター付電気露出計」として紹介され,「デフューザー・皮ケース付」で2,800円という価格は,同時期のセコニックL-8 ディレクターを強く意識していることも考えられる。

前モデルのCORONETは,「アサヒカメラ年鑑」1956年に「新発売」として広告が掲載されている。特徴の1つに「高感度・低感度二段切換式」があり,価格は「2,400円(皮ケース付)」とだけあるので,このときは専用ブースターは用意されていなかった可能性がある。
 CORONET B model IIは,CORONETを改良した後継機と考えられるが,なぜCORONET BでもなくCORONET model IIでもなく,CORONET B model IIなのだろうか。
 たとえば,CORONET本体を改良した露出計がCORONET model II,CORONETに専用ブースターを追加したパッケージがCORONET Bかと想像したが,露出計本体にCORONET Bと記されている。さて,実際はどうなっているのであろうか。

Walz CORONET B model II, No.
測光種類反射光式 高低二段切換,ブースター装着可
電源不要
発売1957年ころ