リコー

DC-3G

RICOH / DC-3G

 1996年に発売されたRICOH DC-2L以来つづく,液晶モニタを開いて使うスタイルのディジタルカメラである。オートフォーカス3倍ズームレンズを搭載し,記録メディアにスマートメディアを使うRICOH DC-3Zと同じもののようだが,リコーのWebサイトや日本カメラショー「カメラ総合カタログ」に掲載が見られない。RICOH DC-3Zのカラーバリエーションの1つとして,独立した型番を与えられたものだろう。

RICOH DC-3G, Body No.
撮像素子タイプ1/4型 正方画素CCD 撮像素子画素数35万画素
記録画素数最大 640ピクセル×480ピクセル
撮影レンズ5mm〜15mm
露出調整プログラムAE 1/5〜1/8000秒
ピント調節AF 0.2m〜∞ (広角側では1cm〜∞)
記録メディア3.3Vスマートメディア
電源単3乾電池 4本
発売1997年11月?

*1 https://jp.ricoh.com/company/history/1985/index.html