リコー

DC-3

RICOH / DC-3

 リコーがはじめて発売したディジタルカメラは,1995年のRICOH DC-1で(*1),撮像素子の画素数は41万画素のものだった。そして翌(1996)年には,液晶モニタを内蔵したRICOH DC-2Lが発売される。DC-2Lは,ノートパソコンのように液晶モニタを開いて使うようになっており,フィルム使うカメラでは考えられない,斬新なスタイルのものであった。撮像素子は,41万画素のものである。
 RICOH DC-3は,DC-2Lと同じように液晶モニタを開いて使うディジタルカメラの,低価格モデルとして1997年7月に発売された。RICOH DC-3は,ライカ判で38mmレンズに相当する単焦点レンズを搭載し,基本は固定焦点だが1cm〜60cmまでの接写ではマニュアルフォーカスになるというものだった。撮像素子は,35万画素のものである。
 RICOH DC-3が発売されてまもなくの1997年11月には,大幅に機能を強化したRICOH DC-3Zが発売されている。また,カラーバリエーションとして,RICOH DC-3Gも発売されている。

RICOH DC-3, Body No.113076
撮像素子タイプ1/4型 正方画素CCD 撮像素子画素数35万画素
記録画素数最大 640ピクセル×480ピクセル
撮影レンズ mm F3.8 5群5枚
ピント調節固定焦点 0.6m〜∞
接写:1cm〜60cm(マニュアルフォーカス)
記録メディア内蔵メモリ (4MB)
電源単3乾電池 4本
発売1997年7月

 RICOH DC-3で特筆されるものは,最短撮影距離がレンズから約1cmの接写機能である。0.6m〜∞の範囲は固定焦点であるが,レンズ上部にあるダイアルを動かすことで,1cm〜0.6mの範囲をマニュアルフォーカスでピント調整できる。LCDを見ながらの撮影となるので,ピントや構図を確認しやくす,そういう面でも接写能力が高いといえるだろう。接写をおこなった後,いちどLCDを閉じて電源を切ると,もとの固定焦点撮影位置に戻るようになっていることも,使い勝手に工夫された面である。30万画素クラスで内蔵メモリのみという低スペックながら,この接写機能だけは,現在でも実用的であり,特筆されるべき点だ。

RICOH DC-3

RICOH DC-3

 RICOH DC-3は,スマートメディアやコンパクトフラッシュなどのメモリカードに対応していない。撮影した画像は,内蔵メモリにのみ記録される。USB接続にも対応しておらず,撮影した画像をパーソナルコンピュータに転送するには,専用のシリアルケーブルでコンピュータのシリアル端子(RS-232C)とを接続し,専用のソフトウェアで読み出す必要がある。

RICOH DC-3

RICOH DC-3

*1 https://jp.ricoh.com/company/history/1985/index.html