フジ

ファインピクスF10

FUJI / FinePix F10

 コンパクトディジタルカメラでははじめて,感度ISO1600を実現したとしている製品である。厚みのある本体は金属外装で,適度な重量感もある。ライカ判換算で36mm〜108mm相当のズームレンズは,開放F値がF2.8〜F5で,コンパクトカメラとしては好ましい仕様のものであると言える。
 シャッターレリーズボタンの周囲はモードレバーになっており,ここで「SP(シーンポジション)」「AUTO」「M(マニュアル)」「動画」の4つのモードを選択するようになっている。「SP」では,「ナチュラルフォト」「人物」「風景」「スポーツ」「夜景」が選択できるようになっており,「ナチュラルフォト」は暗い場所でもフラッシュを使わず「目で見たままの雰囲気」が撮影できるとしている。これは,ISO1600の高感度への対応というこの機種の特徴を生かすためのモードであると考えられる。フィルムカメラの「ナチュラ」シリーズを意識したものと言えるだろう。「AUTO」は基本的にすべてカメラまかせ(ピクセル数,感度,「FinePixカラー」を除く)のモードであり,「M」は露出補正,測光モード,ホワイトバランス,AFモードの選択が可能である。「マニュアル」というと誤解を招きそうだが,これが通常の「プログラムAE」と見なせばよい。シャッター速度や絞りを任意に設定できる,絞り優先AE,シャッター速度優先AEや「マニュアル露出」モードは,この製品には存在しない。
 「FinePixカラー」には,コントラストや彩度をやや強調したリバーサルフィルム風の「F-クローム」モードや,モノクロ画像として記録する「F-B&W」モードがある。

FUJI FinePix F10, No.5F006680
撮像素子タイプ1/1.7型 スーパーCCDハニカムHR 原色フィルタ 撮像素子画素数663万画素
記録画素数最大 2848ピクセル×2136ピクセル (610万画素)
撮影レンズFUJINON ZOOM LENS 8mm-24mm F2.8-F5 (ライカ判で36mm-108mm相当)
ピント調節AF(0.6m〜∞),マクロモード(0.075m〜0.8m)
露出調整TTL64分割測光 マルチ測光・スポット測光・平均測光
プログラムAE,露出補正可能
シャッター速度15秒〜1/2000秒 (メカニカルシャッター併用)
絞りF2.8〜F8 (10段)
記録メディアxDピクチャーカード 16MB〜2GB
電源大容量リチウムイオンバッテリー(NP-120)
発売2005年03月

FUJI FinePix F10, FUJINON ZOOM LENS 8mm-24mm F2.8-F5

 このころのFinePixらしい,自然で嫌味がなくほどほどに派手な好印象のもてる画像が得られる。600万画素あれば,なんとか四つ切サイズまではプリントできるので,コンパクトディジタルカメラとして1つの完成点に到達したモデルだといってよいだろう。

 オプション品として,防水ケース (Waterproof Case WP-FXF10) が用意されている。

 FUJI FinePix F10をこの防水ケースにセットすれば,水深40mでの撮影が可能になるとのこと。ただし,そこまでの防水性能を維持するためには,Oリングの交換やグリースの塗布などの定期的なメンテナンスが欠かせない。

FUJI FinePix F10, FUJINON ZOOM LENS 8mm-24mm F2.8-F5

 耐水深40mの防水性能なら,滝の激しい水しぶきにも耐えられる。

FUJI FinePix F10, FUJINON ZOOM LENS 8mm-24mm F2.8-F5

 静かな水中であれば,まったく問題ない。