シグマ

AF 28-80mm F3.5-5.6 II マクロ

SIGMA / SIGMA AF 28-80mm F3.5-5.6 II Macro (for SIGMA SA)

 「ミニズーム・マクロ」ともよばれるこのレンズは,28mmから80mmまでをカバーする標準ズームレンズである。開放F値は短焦点側でF3.5,長焦点側でF5.6であり,廉価版標準ズームレンズとして一般的なスペックである。これは,暗黒ズームとまではいわないが,決して明るいものではない。
 このレンズの特徴は,まず低価格であること。つぎに,「ミニズーム」という名前があらわしているように,コンパクトで軽量であること。そして,名前にあらわされている「マクロ」である。焦点距離が80mmのときには,最大で1/2倍までの撮影ができるようになっている。

 日本カメラショー「カメラ総合カタログ」では,vol.117(2001年)からvol.120(2004年)まで,記載が見られる。マウントは,シグマSA,ミノルタAF,ニコンAF(Dタイプ対応),ペンタックスAF,キヤノンEOS用が発売されていた。

SIGMA SIGMA AF 28-80mm F3.5-5.6 II MACRO , No.2166696
焦点距離28mm-80mm 口径比3.5-5.6
レンズ構成7群7枚
マウントシグマSA
発売2001年ころ

SIGMA SA-7N, SIGMA AF 28-80mm F3.5-5.6II MACRO, FUJI 100

1/2倍までの接写ができることは,最短撮影距離に関するストレスから,大きく開放されて,とても扱いやすく感じるものである。

SIGMA SA-7N, SIGMA AF 28-80mm F3.5-5.6II MACRO, FUJI 100

レンズ自体,大きすぎず小さすぎず,使いやすいサイズである。また,描写は素直なものである。

SIGMA SA-7N, SIGMA AF 28-80mm F3.5-5.6II MACRO, FUJI 100

このレンズは,シグマSAマウント用のものである。安くてよく写る便利なレンズだから,当然のように,ニコンやキヤノンなど,シグマSA以外のマウントでも発売されている。もしこのレンズが,シグマSAマウント用のものしか発売されていなかったとすれば,シグマSAシリーズがもう少しは売れたのではないか… いや,そんなことをすれば,レンズそのものの売り上げも落ちていたのではないか… などと妄想するのも,楽しいものである。