ペンタックス

Z-10

PENTAX / Z-10

 ペンタックスのオートフォーカス一眼レフカメラは,(PENTAX ME-Fを除くと)1987年のPENTAX SFXからはじまり,その廉価版としてラインアップされたPENTAX SF7,PENTAX SFXの機能を強化した後継機PENTAX SFX Nが続いた。それが日本カメラショー「カメラ総合カタログ」ではvol.103(1992年)ですっかりいれかわり,あたらしいZシリーズがはじまっている。PENTAX Z-10は,そのシリーズ最初の機種となる。露出モードは,プログラムAEとマニュアル露出だけのシンプルなものとなっているが,あらたにパワーズームにも対応するようになっており,対応するレンズSMC PENTAX-FA ZOOM 28mm-80mm F3.5-F4.7とのセット販売も用意されていた。

PENTAX Z-10, No.5730988
シャッター電子制御縦走り金属幕
シャッター速度B,30〜1/2000フラッシュ同調1/100sec
露出モードプログラムAE,マニュアル
マウントKAF2マウント
電源2CR5リチウウ電池1個
発売1991年6月